「冷えのぼせ」

「冷えのぼせ」

この言葉を聞いた時に「冷え?」「のぼせ?」

え?どっち?と思われる方が多いと思います。

正解ははどちらの状況もあてはまる状況。


下半身の足元やお腹は冷え冷えで平熱も低めなのに、上半身の首や顔周りは暑くて暑くて仕方がない状態。

案外当てはまる方が多いのですが、自覚がない人が多い気がします。


1年を通しても天候が不安定な事が増えてきました。

急激な気温差、寒暖差、そしてや室内外の温度差や、また空調が整い過ぎた空間で長時間過ごす生活・・・などで本来機能すべき体温調整が上手く働かないのは、

自律神経の働きがうまくいっていない状態です。


そして暑くて汗をかくから冷たいものを欲する→内臓が冷える→血の巡りが悪くなる。

さらに状況を悪化させてしまう事の繰り返し・・・


まずは足裏・爪先・足首をよ~くマッサージをして足元を温めましょう!

そしてその足元の温かい血液を全身に巡らせるために、身体に程よい刺激や動きを入れていきましょう!

特に春は季節の変わり目、環境の変化で自律神経が乱れやすい時期です。

ゆ~っくりお風呂に入って身体を温めて、脚をセルフマッサージ。

この時にお気に入りのアロマを使うとリラックス効果を高められるし、スッキリと浮腫みも解消できますよ。


★2019年4月20日(土)「ウィメンズケア・ヨガ」2級講座開催★

 月経・更年期・自律神経系の働きをサポートするプログラムです!

 申込みを開始致しました。 

 詳細・お申込み:こちら  



Women's care Yoga in Yokohama

横浜の女性のためのヨガのお教室